実録!夫婦で好きなことで生きていく!

好きなことで生きていくを目標に夫婦で頑張ってます。主に人事・労務関係と株式投資について書いていきます。

管理職の残業代って払わないといけないのか。名ばかり管理職の実態。

こんばんは、DEFUOです。

 

さて、今日はよく出てくる管理職の残業代についてです。

 

ひと昔前にかなり問題になり、その当時よりはだいぶましになりましたが、まだまだ多くの企業でまかり通っているのが名ばかり管理職の残業代の未払い問題です。

 

そもそも管理職とはなんなのでしょうか。

 

管理職とは

①職務内容・指揮監督・人事権限・責任に照らして、企業経営の重要事項に関与し、経営者と一体的な立場にあること

 

②勤務形態・出退社に関して自由に裁量があり、画一的労働時間規制になじまないこと

 

③役職手当など、その地位にふさわしい処遇をうけていること

 

この3つにあてはまる人が管理職と呼ばれる人ですね。

なので、役職は店長や支店長等の役職付きでも、経営には関与してないし役職手当も雀の涙しかもらってないのに、労働時間はめっちゃ長いというのは明らかに上記の管理職にはあたりません。

 

こういうケースでは、なんらかの証拠が残っていて未払い残業代を請求されたらほとんど会社側が負けてしまいますので、正当な報酬を払うか、労働時間の見直しを行うか対策をとってくださいね。

 

会社の成長のカギはやはり人です。従業員のモチベーションをあげることで会社の継続した成長を生み出す良い循環が生まれます。

 

目先の損にとらわれずに長期的なビジョンで人を育てていきましょう。

 

読んでいただきありがとうございました。